~お一人おひとりに寄り添った医療を~

何にお困りで、どうされたいのかをしっかりとお伺いし、わかりやすく説明、ご納得いただいた上で治療にあたるということを一番大切にしています。
皆さまの「瞳のかかりつけ医」として、お気軽に何でもご相談下さい。

お知らせ

Information

  • 2021/07/20(火) お知らせ 海の日、スポーツの日について
    今年は海の日が7月22日(木) スポーツの日が7月23日(金)となっておりますので、両日とも休診です。7月24日(土)は、通常通り、午前中のみ診療します。
  • 2021/07/20(火) お知らせ 山の日について
    今年は8月8日(日)が山の日で翌9日(月)が振替休日となっております。
    よって両日とも休診となっております。
  • 2021/07/20(火) お知らせ お盆休みについて
    8月の13日(金)14日(土)15日(日)の3日間は
    お盆休みとなっております。
  • 2021/04/08(木) お知らせ 応援診療について
    月6日(金)15時から   10

  • 当院では、20分で結果がわかるアレルギー検査を導入しています。詳しくはこちら

    受付時間

    Examination Time

    日・祝
    8:45 - 12:00 休診
    14:20 - 17:00

    ※ 当院で初めてコンタクトレンズの処方を受ける方は、受付終了時刻の30分前迄にご来院下さい。

    当院について

    About Us

    診療内容

    • 白内障
    • 緑内障
    • ドライアイ
    • 網膜疾患(糖尿病網膜症など)
    • 斜視・弱視・小児眼科
    • その他眼科疾患全般

    院内設備

    • オートレフ・ケラトメーター
    • ノンコンタクトトノメーター
    • 視力表
    • レンズメーター
    • 石原式近点計
    • 細隙灯顕微鏡
    • フリッカー
    • Hessチャートプロジェクタ
    • 眼底カメラ
    • 視野計(静的および動的視野計)
    • 光干渉断層計(OCT)
    • マルチカラー網膜光凝固装置

    自由診療

    • マイオピン取り扱いあります。
    • 処方ご希望の方は、副院長の担当時間帯に受診をお願いします。

    学校医

    • 博多小学校
    • 吉塚小学校

    医師紹介

    Doctors

    岡眼科院長

    名誉院長:岡義祐(おか よしすけ)

    名誉院長経歴

    昭和42年九州大学眼科学教室入局

    昭和52年大島眼科病院 副院長

    平成3年   岡眼科医院開業

    令和2年6月29日逝去





    資格

    身体障害者福祉法第15条指定医

    ご挨拶

     私は奈良屋小学校、博多第二中学、福岡高校、九州大学医学部、九州大学病院と一歩も博多の外に出ることがなく、生粋の博多っ子を自認しております。念願叶って博多の総鎮守、お櫛田神社の土居通りに平成3年11月に開業することができました。
     九州大学では当時まだ黎明期であった蛍光眼底造影に関する研究に携わったことから網脈絡膜の血管病変が専門分野の一つでありますが、一般的眼科疾患(白内障、緑内障、網膜症、斜視、遠視などの屈折異常)の診断に留まらず、目に関する色々な不安に対しても相談を受け付けております。
     そのほか、高血圧、糖尿病などの生活習慣病においては、内科・循環器科など他科と連携を取りながら診療に当たらせていただいています。
     当院では医師、看護師、スタッフ一同がお一人おひとりに優しく寄り添い、正解、丁寧な診療、わかりやすい説明を心がけ、来院された皆様が安心・納得し、岡眼科医院を受診してよかったと感じていただけるように努力しております。

    岡眼科副院長

    院長:向野るり子(こうの るりこ)

    院長経歴

    平成12年九州大学眼科学教室入局

    平成14年国立別府病院

    平成16年福岡市立こども病院

    平成17年麻生飯塚病院

    平成21年九州医療センター

    平成22年済生会福岡病院

    平成29年岡眼科医院

    資格

    日本眼科学会認定 眼科専門医

    身体障害者福祉法第15条指定医

    ご挨拶

     岡眼科医院院長の向野るり子です。
     岡眼科医院の前は、三次救急病院である済生会福岡総合病院に勤務しておりました。そこでは様々な重い病気の方々や、外傷などの急患の方々を多く診療させていただきました。また。福岡市立こども病院では、集中して斜視、弱視、小児眼科などの勉強をさせていただきました。
     しかし、これまで勤務していた総合病院は、原則紹介状がないと受診できないことになっています。岡眼科医院副院長就任のお話をいただいて、これまでよりもっと身軽に受診していただけたらとの思いから、就任を決意いたしました。
     ものもらいなどの小手術は医院で行っていますが、白内障手術などは近隣の総合病院にて私自身で執刀させていただいています。また、医院であるからこそ却って小回りが効く、柔軟性を持った診療ができると感じております。
     皆様の「瞳のかかりつけ医」としてますますお役に立てるよう、日々研鑽を積み、医療の向上に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    アクセス

    Access